safety 安全への取り組み

安全への取り組み

勇進運輸では、事故を未然に防ぐために日々の点検、社員の働きやすい環境作りに力を入れています。

主な取り組み

01デジタルタコグラフ

デジタコの導入により、作業日報の自動出力だけでなく、ドライバーの運転状況・場所等リアルタイムに把握できスムーズな配車管理を行い無駄な走行・時間を省きます。お客様からの到着時間の問い合わせや、急なオーダーに対してもGPSの情報をもとに全車の位置把握が出来るため、お客様にとって最短最善な車両の手配が可能となっています。

02血圧計

様々血圧計を設置して乗務前にドライバーは血圧を測定し、健康に起因する事故防止に努めています。社内で基準を設けて、規定値を超える数値が出た場合は運転業務を停止させます。

03アルコールチェッカー

アルコールチェッカーを配備。出勤・帰庫時における乗務員のアルコールチェック体制を徹底し、全社を挙げて「飲酒運転撲滅」に取り組んでいます。

04車両日常点検・整備

車が安全に走行するには、日頃から車を点検整備する必要があります。整備不良による事故発生を未然に防ぐとともに、環境負担の軽減に繋がります。運行前点検を行うだけではなく、定期的に点検を実施し、車両不備による事故撲滅に取り組んでいます。

05ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの導入により、ドライバーの運転特性が把握できるとともに、客観的な運転評価ができるようになりました。模範となるドライバーを讃えることも可能になり、安全運転教育のツールとしても活用しています。

06バックアイカメラ

駐車場でのバック進入時などに、後方視野に入りにくい歩行中の子供や小さな障害物などを確認できるため、発生頻度が高いとされているバック事故を未然に防ぎます。

07事故防止講習会

全社員が参加する事故防止講習会を行っています。交通安全・事故防止に精通した専門の講師をお招きし、近隣の施設を借りて行っています。実際の事故事例を上げ、原因や対策を皆で考えることにより、現場スタッフも事務職員も安全に関する共通認識を持つことができ、また安全への意識を高めることができます。

08実技指導教育の実施

トラックの運転席からの死角体験指導や、乗用車から見たトラックの圧迫体験、トラック運転技術指導等、必要な知識・技術を習得します。

C o n t a c t お問い合わせ

運送・配送業務、物流業務に関する
ご相談・お問い合わせはこちら